【福山市で雨漏り修理は】  

☎0120-445-716 

出張エリアは福山市北部限定!!
新市-芦田-駅家-加茂-御幸-千田-神辺

福山市 雨漏れ修理

雨樋がつまって雨がポタポタ落ちるとの問合せで

早速現場に行って見てみました!!!

大量の落ち葉や苔が雨樋に入っていました!!!

キレイに掃除をして最後に水を流してしっかり流れるか確認をします!!

とてもきれいになりました!!

中々上に昇って掃除するのは危ないし大変なので、

そんなときはタクミリフォームにお任せください!!

福山市 波板張替え

今日は天気が良くて波板日和でした!!!

古くなってボロボロになった波板から

熱線カットのポリカの波板を貼りました

大量の木の枝が乗っていましたが、全てカットして

とてもすっきりしました!!!

福山市 芦田町 2階ベランダ樋から雨漏り

2階のベランダの雨樋からポタポタ水漏れがするとの

問合せでいってみると、

樋が詰まって継ぎ目のところのコーキングがきれていて

漏れていました!!!

こんな風に苔がつまったりしていました。

直す方法として一度波板を撤去して掃除をして、

継ぎ目のとこにもう一度コーキングを入れたら

大丈夫です!!!!

福山市 駅家町 雨漏り調査

室内の天井からポタポタ水の音がするとの問合せで

行ってみると、瓦が大変なことになっていました!!!

瓦が割れていたりずれていたり浮いていたりと

経年劣化で寿命を感じさせる状態でした....

水曜日に台風が来るかもしれないので、

とにかくもれないように応急処置だけはしっかり

やっときました!!!!

今年は台風が多いです....

福山市 神辺町 瓦の調査

こないだアップした応急処置の現場で

他の棟も同じようになる可能性が高いので

調査してみると...

写真のように漆喰に穴が空いて向こうが見えていました。


こうなっていると相当中に水が入りこんでいます。

実際にこの棟部分を1枚外してみると.........

中の泥がかなり流れてこのまま入り続けると

雨漏りする状態にまでなっていました。

なかなか普通の人は屋根に上がって見れないですが、

遠めからでも漆喰の色が変化していたりすると

こんな風に中に水が回っているかもしれないので、

よう注意です!!

福山市 神辺町 2階にも1階にも雨漏れ

雨漏れの問合せをいただき内容を聞かせていただいていると

2階をつたって1階にまで雨漏れをするとの事で行ってみると


瓦がずれて隙間が空いていて漆喰は剥がれていて

泥にまで穴が空いている状態でした。

谷樋にも穴があいていたのでできるところは

応急処置をしました!!

福山市北部で雨漏り修理ならタクミリフォームにお任せください!!

福山市 神辺町 瓦が壊れた

最近梅雨のように雨が降ります!!!

結構強めに降るので、雨漏れの問合せが多いです!!

今日も雨で瓦が取れてそこに雨が入って泥が流れているとの問合せ!!

行ってみると、お家の人が応急処置をされていました。

ただ雨の量が多すぎて、他の瓦にも影響が出てたので、

棟全体にブルーシートをかけて応急処置をしておきました。

これでとりあえず工事までは、一安心です!!!


★ベランダから雨漏れ!!★

工事中にふと見たら壁が剥がれていました!!

原因はベランダの防水が経年劣化でだめになって

どんどん下に流れて壁に水が廻っていました。

写真のように水たまりもできるので余計に溜まったところから

逃げ場がないので染みていってここまでなっていました。

お客様も気付かれてはいたみたいでしたが、

どうしたら良いのかわからなかったと言われてたので、

こちらからどんな風にしたら良いかお伝えさせていただきました!!!!

雨漏りや水漏れで困っている方はたくさんおられると思うので、

そんなときはタクミリフォームにお任せください!!!!

★雨樋修理★

台風の影響で雨樋が外れたので

来て欲しいとの問合せで行ってみると、

写真のように風で外れて屋根の上に

落ちていました!!


外れただけで折れてはいなかったので

はめなおして、専用の接着剤をつけて

完成です! !

こういったちょっとした事って色々あると思います。

どこに電話したら良いか分からない場合

タクミリフォームにお電話ください!!!

★波板の張り替え!!!★

波板の張り替えです!!!

経年劣化で日焼けしてさわるとパリパリに砕けてしまう

状態でした!!

古い波板を撤去して新しい波板を貼っていきます。

斜めになっているので、一つずつあわせながらカットしていきます!!

完成です!!

台風が来る前にできて良かったです!!!

★雨樋の修理★

雨が降ったらポタポタ雨樋から漏れるとの問合せで

行ってみると、雨樋を支えている金具が錆びて、

ぐらぐらになってました。

雨樋と金具をはずして新たに新しい金具をつけて

雨樋を取り付けます!!

このときしっかりと勾配を見ていないと

水が雨樋にたまるのでしっかり勾配をとって

流れるように取り付けます。

★棟瓦の崩れヒビ割れ★

2Fの屋根ってお客様では確認することができないので

実際どんな風になっているのかわかりませんよね!!

別件で屋根の上にあがることがあったので、

ついでに瓦全体が大丈夫かを見ときますねと言って昇ってみると...

棟瓦がとても傷んでました!!

ほっとくと確実に雨漏れするであろう状態でしたので

すぐにお客様にお伝えして写真をお見せしてその旨をお伝えしました。

お客様も「ここまでひどいとは思わなかった....」と

30年~経ったお家で、周りに家が少なかったりすると雨風を

直に受けるのでその分劣化も早くなります!!!

自分の家もそんな条件で30年~ぐらい経つなあと思われた方は

調査された方が良いですよー!!!!

★トタン屋根のサビ!!雨漏れ注意★

瓦の漆喰を直しに行った時に、
2階のベランダの屋根のトタンが錆びていたので、
穴が空いたら雨漏れする危険があるので、
その前にとお客様にお伝えしたら

全然知らなかったです...
どうすれば良いですかと聞かれたので、
完全に錆びていないので今なら塗装で大丈夫ですと
お伝えして、翌日すぐに工事にはいりました。

最初に全体をやすりで表面を削ってサビ止めを塗ります。

1日乾かせて上塗りをして完成です!!!!

★瓦ヒビ割れ雨漏り注意★

今日はテレビが映らなくなったとの問合せをいただいて、

行ってみました!!!

テレビが映らない理由はブースターという器具が壊れていたのが原因でした。

なのでブースター交換すると直りました!!!

ところがその瓦屋根がえらいことになってました.....

すぐにお客さんに状況をお伝えすると、

「そこまでひどくなってると思っていなかった。」

一番上の屋根はお客さんでは見えないので結構雨漏りをしてから

屋根を見て欲しいという問合せが多いです!!!

雨漏りをしてからでは、中も工事をしなくてはいけなくなるので,

20年~のお家は調査だけでもした方が良いかもです!!!

★部屋の天井からポタポタ水漏れ★

またしてもこの時期の瞬間的な大雨で

室内の出窓の天井からポタポタ水漏れしているとの

問合せですぐ伺って調査しました!!!

出窓部分のトタンのコーキングが経年劣化で

ひびが入って隙間に雨が入って雨漏りしていました!!!

すぐに応急処置として今あるコーキングを剥がして

新たにコーキングをしました!!

これでしばらくは大丈夫です!!

★雨樋からポタポタ水漏れ★

この時期夕方にゲリラ豪雨が降ってきます!!

今日もものすごい量の集中豪雨が降りました!!

その影響で普段の雨なら溢れないのですが、

今日のような大雨の場合一気に溢れてポタポタ上から漏れてました。

早速行って昇ってみると...


こんなに詰まってました...

これでは水が流れませんね...

すぐに葉っぱなどをとって流れるかを確認して

完了です!!!

★波板の貼り替え★

カーポートの波板の貼り替えです!!!

20年~前の波板は塩ビなので触るとすぐにボロボロにくだけてしまいます。

新しい波板はポリカと言ってとても頑丈で30年は平気でもちます!!!


とてもキレイになりました。

しかも新しい波板は熱線カットなので紫外線をやわらげてくれます!!

台所の換気扇の外のカバーも古くなってパリパリだったので新しくしました。

★天井からポタポタ雨の音が...★

天井から雨の音がポタポタ聞こえる!!との

問合せでした!!

早速屋根にのぼって見てみると...

瓦が割れていました!!それとものすごい苔が生えていました!!!

この瓦はセメント瓦と言って見た目はかっこいいんですが、

平べったいので普通の瓦より割れやすく劣化が早いです!!!

原因が分かったので早めの処置をして安心してもらいたいです!!

★2階ベランダ波板貼り替え★

2階のベランダの古くなった波板の貼り替えです!!!

明日7/17日は台風が直撃するみたいなので、

それまでに貼り替えれて一安心です!!!!


波板カット中
波板カット中
波板貼り替え 福山市
完成

2階のベランダなので最後は屋根の上に上がって

止め具をつけます!!!

完成の写真です!!!

.......終わったのは良いけどどうやって降りようかな...(汗)


★雨漏れ注意★

本日雨樋の掃除の問合せをいただいて

さっそく掃除にいかせていただいたら...

2階の屋根の漆喰がほとんどボロボロとれていました!!!


こういうのをほっとくと雨漏れの原因になります!!

お客様は屋根に上ったりはできないので

こういう時にしっかり診てあげて

ひどくなる前にお伝えできればと思っています!!!

★雨樋の取替え★

雨樋の交換をしてきました!!

樋からポタポタ雨が漏れてくると問合せがありました!!

原因は30年以上太陽に当たっているので

経年劣化で触るとすぐわれる状態でした!!

古い雨樋を撤去して新しいのを

取り付けていきます!!


これで完成です!!

30年以上は十分持つのでこれで安心です!!

★トタン屋根雨漏れ修理★

40年間経ったトタン屋根から雨漏れがしているという
問合せをいただいたので早速屋根に上ってみると..
サビだらけでいたるところに小さな穴が空いていて
そこから雨漏れをしていました!!!!


古いトタン屋根を全て撤去してその上に

ルーフィングという水が入らないようにする

シートを敷いていきます。


その上に新しい屋根を貼っていきます!!

今度の素材は亜鉛メッキ鋼板と言って

水に強く傷がつきにくい素材なので、

これから長い間安心して過ごしていただけると思います!!

★屋根漆喰補修★

外壁塗装工事中のお客様宅で上に上ってみると

写真のように棟瓦の漆喰が経年劣化でボロボロとれていました!!

雨が降れば隙間からどんどん水が入っていくので

すぐにお客様に説明をしたら「実は屋根も雨漏りしないか気になってたんよ」と言われていたので、

すぐに調査して、瓦の割れやズレなどなかったので、

今回は漆喰の補修をしました!!!

これで安心です!

雨漏れがする前に気付けて良かったです!!

★谷樋の取替え★

今日も雨漏り補修の現場です!!

天井と壁が濡れているという問合せで

現場に行ってみると...

写真のように全体が錆びて何箇所も穴が空いていました!!

 

古材を撤去して新しい谷樋と取り替えました!!

昔は銅が良いと言われていましたが今は酸性雨が

降るので銅だと錆びてしまいこんな風に穴が空きます!!!

新しくした谷樋はステンレスなので錆びることはありません!!!



★棟瓦の巻き替え工事★

この梅雨時期雨漏れの問合せが特に多いです!!!

そんなわけで、棟瓦(瓦の一番上の丸い部分)の巻き替えに行ってきました!!

現場の調査をしたときに写真の漆喰の部分がひび割れて触るとボロボロの状態でした!!

瓦も割れている部分が多々ありました。



棟瓦をすべて撤去して中にある泥も全部処分します!!!


昔は泥を積んで漆喰を塗っていたのですが、

今はシルガードと言って水を弾く材料を使うので、

水が回る心配がありません!!!

シルガードを塗ったら棟瓦を積みなおして完成です!!!

お客様は施工中見れないので、しっかり写真を撮って

見てもらいました!!

「工事中見れないからどうな風に作業をされているかわからないけど、

こうやって写真でみせていただければ、大変分かりやすいです」と

大変喜んでいただきました!!

★ベランダの雨漏れ補修★

1階の屋根の上にベランダがあるお家でベランダから

1階の天井に雨漏れしていたので、

早急に工事をしました!!!

雨漏れの理由は勾配がとれていないので

水が排水に入らずずっと溜まった状態だったので、

そこにあった小さい穴から漏れていました。

解体してみると写真の濡れているところから

漏れていました。



この上から新たに下地をして合板という板を貼って、

ルーフィングという水が入らないようにするシートを貼って

その上からガルバリウム合板(亜鉛と鉄を合体させた物)を貼って完成です!!

完成した後、早速大雨が降ったので電話をして「大丈夫でしたか??」

と聞いてみたら、「全然漏ってないよーこれで安心して寝れます!!ありがとう」と

言っていただきました!!!

心配だったので喜んでいただいてとてもうれしかったです!!!

★雨漏れの調査★

お客様から雨漏りの問合せで床も、壁も、天井も濡れてるという内容でした!!

床も壁も天井も???一刻を争う感じだったので、早急に調査に行きました!!

部屋に入ると確かに床も、壁も、天井も濡れていました。

早速屋根に上ってみると....

お家を増築されていて増築部の屋根の谷樋に大きな穴が空いていました!!!!

棟瓦の下にある漆喰という雨が入らないようにしているところも

写真のように割れていました!!!

お客様に写真をお見せして説明すると

全然そんなことわからなかったと....

普通に住んでたら屋根なんか自分でチェックできないですよね!!!

すぐに直して困ったを解消してもらいたいです!!!

★福山市神辺町雨漏れの調査★

お客様から太陽熱温水器の点検?にきた人から…
「谷どいが傷んでいるから、塗装したほうがイイよ!」
って言われたそうです。

そして、ウチに「どうしたらいいかな?」って問い合わせがありました。

谷樋谷どいの調査
確かに瓦から水が落ちる部分が錆びていました。
プロとして「塗装」がいいのか?「やり替える」がいいのか?悩みます。

塗装すれば、10年間ぐらいは長持ちしすると思います。
やり直せば、30年間は大丈夫です。

普通で考えたら、ガルバリウム製の新しい谷どいにやり直すことをおすすめするのですが・・・。
住んでいるのがご年配の方なので、どちらにするのか判断はお客様にお任せしようと思います。

 

どちらでもいいと思うのですが、「点検?にきた人」が誰なのか気になります。

谷樋谷どいの調査
スタッフ岡田(写真)もハシゴを登って現地調査をしました。

谷樋谷どいの調査
その他にも板金屋根も錆びていました。

★福山市駅家町 波板の貼り替え★






まずは古い波板を外していきます。
昔の波板は材質がアクリルで今のと違って長年経つと日に焼けて少し触るだけでパリパリに砕けます。IMGP3389




これを全て外して新しい波板を貼っていきます。

IMGP3391



新しい波板はポリカボネードと言って
かなり長持ちします。

耐衝撃性..アクリルの40倍の強度があります。
耐熱性…..120℃の環境でも使用可能です。
耐寒性…..-40℃の環境でも使用可能です。

これだけ耐久性に優れているので、20年くらいは
大丈夫です。
とてもきれいになってお客様も大変喜ばれていました。IMGP3392